スーパーサイエンスハイスクール(SSH)

Super Science Highschool

    

お知らせ

平成29年度和歌山県立海南高等学校
スーパーサイエンスハイスクール(SSH)成果発表会の開催について

1.目的
  スーパーサイエンスハイスクール(SSH)第4期1年目の成果報告として、
  生徒の課題研究発表及び事業報告等を行い、生徒及び保護者並びに地域の小中
  学校にその成果を普及する。

2.研究開発題目
   「科学技術イノベーション力を創出する未来を拓くアクティブ・ラーナーの育成」

3.日程  平成30年2月14日(水)
      9:30~ 9:45 受付
      9:50~10:05 開会行事
      10:10~11:20 生徒課題研究発表(舞台での口頭発表)
      11:20~12:50 昼食
      11:50~12:50 ポスターセッション
      13:00~14:30 特別講演 
              株式会社植松電機 代表取締役 植松 努 氏
      14:45~15:00 SSH事業報告
      15:00~15:20 閉会行事

4.場所  海南市民交流センター
       〒649-0101 和歌山県海南市下津町下津500−1


詳しい開催要項や申込については、下記リンク先からご確認ください。

実施要項・申し込み方法等

SSHとは?

SSHとは(JST 次世代人材育成事業 サイトへ)

本校のSSH事業概念

研究開発課題(第4期 平成29年度から平成33年度)

科学技術イノベーション力を創出する未来を拓くアクティブ・ラーナーの育成

研究内容・方法・検証

  1. 第4期の実践型の研究開発として,事業内容の6項目に地域資源を生かした,新たな価値を生みだす地域共創を視点にした学びを柱の一つとした。これらの視点を取り入れる中で,共創力とイノベーション力の育成を目指す。そのために必要な教育課程や指導法の研究開発を行うとともに,国際理解及び研究内容等を含めた大学接続のあり方についても検討する。次の①~⑥の項目に分けて研究開発を実施し,それぞれについて検証し評価を行う。
    1.    
    2. ACS 活動(Active Creation for Society)「風を学ぶ」
    3. 探究活動
    4. SSI 活動
    5. グローバル・リテラシー育成(国際理解教育)
    6. 先端技術研修と環境教育
    7. 科学分野におけるリーダーの育成
    事業概念図(PDF)

    SSHマンスリー

    日々のSSH活動についてお伝えするSSHマンスリーをご覧いただけます。

    2017.SSHマンスリー 一覧
    2015(平成27年度)以前のSSHマンスリーはこちら

    報告資料

    コンテスト出場・受賞・入選等